やすらぎの富士

富士山写真撮影の記録
カテゴリ:最新富士山撮影( 176 )
最新富士山の撮影記録
我が家に「大魔神社」のミニチュアがあります。CS初進出のベースターズが2試合目に巨人に負けて1勝1敗、これで終わりだと思って撮影に出ました。嬉しいことに、3戦目を池の茶屋で聞いていると、苦し んで延長の末勝ちました。毎年最下位が指定席のベースターズがここまで来た今年はこれで十分で、来年の糧にしてくれればいいと思いました。撮影は、11日12日は富士山が現れず、やっと13日に現れて撮ることができました。1勝2敗を5分にしたいともう一日頑張りましたが、14日は頭が見えただけで、1勝3敗の負け越しで帰宅しました。その夜、ベースターズも広島に敗れて2敗。今年の広島は「神ってる」ほど強いので、せめて1勝して、1勝3敗になって欲しいと、我が家の大魔神社にお願いましたが、大魔神でも広島の「神ってる」にはかなわないかもしれません。

大魔神社は、日本一になった1998年ベースターズの優勝を祈願して、横浜駅西口ダイヤモンド地下街に、大魔神抑えの投手佐々木主浩の腕をコピーした黄金のブロンズを祭った神社です。

10月13日 櫛形山 3日目にしてようやく晴れて姿を現しました。
d0229560_20485276.jpg

d0229560_2052266.jpg

d0229560_20554090.jpg

d0229560_20575073.jpg
d0229560_2115213.jpg
d0229560_21124990.jpg

d0229560_21165652.jpg

[PR]
by minorufuji2089 | 2016-10-13 20:49 | 最新富士山撮影 | Comments(0)
最新富士山の撮影記録
嵐の前の静けさ、台風18号が来る前に、国師ケ岳に行きました。予報は晴れ、カノープスが撮れるかと期待しましたが、雲が多く星空も撮れませんでした。5日、風速30メートルという予報に驚き、田貫湖で台風を避難しましたが、短時間激しく雨が降っただけで、風も吹かずに静かに過ぎてしまいました。帰宅して大きな被害を知り驚きました。台風前と後のきれいな朝焼けに2度会いましたが、焼けの方向が悪く、撮影できませんでした。疲れだけを持ち帰える撮影でした。

10月4日 国師ケ岳
d0229560_1823334.jpg

紅葉は終わっていました。
d0229560_1816887.jpg

5日 国師ケ岳 山頂にカノープスが載っています。
d0229560_17594187.jpg

左の東がきれいに焼けました。
d0229560_18191751.jpg

d0229560_1329407.jpg

6日 田貫湖 1時には台風が去り星空になりました。
d0229560_1821456.jpg

右の東がきれいに焼けました。
d0229560_18234771.jpg

[PR]
by minorufuji2089 | 2016-10-06 18:02 | 最新富士山撮影 | Comments(1)
最新富士山の撮影記録
「真実一路」という言葉を知ったのは小学校も低学年の頃だと思います。予報官も迷っているのでしょう、天気の予報がくるくる変わります。ようやく晴れマークが出た23日夜、出ようとして見たら、またも予報が曇のち雨のマークに変わり、25日も26日も曇のマークへ変わりました。ところが、諦めて行かずにいると各地で晴れて撮れた情報を知り、歯ぎしりして悔しい思いをしました。でも、天気図を見ると前線の位置から焼けが期待できるので、26日、明日が曇りのマークでも出ようと思い、さてどこへ行こうか。国師はまだ紅葉は早い、吉原は雲海が期待できない、そうだこんな時は櫛形へ行こう。櫛形山の登山は1年ぶり。撮影ポイントが山道から奥へ入ったところにあるので心配しましたが、やはり迷って1時間も探し歩いてから、諦めて撮ったのが1枚目です。しばらくすると地元のMさんが来たので、あとをついて行きました。2日目、見事な雲海と、これ以上あるかと思わせる美しい朝焼けになりました。ここに来るまでの山道に迷い、この日までの行動に迷い、この年までの人生に迷い、迷いに迷って到達したこの時、ここに立っている今の自分に幸せを感じ、シャッターを押すのを忘れて眺めていました。そんな時、なぜか不思議と「真実一路」の言葉が聞こえてくるのです。

「真実一路の旅なれど、真実鈴ふり、思い出す」これは北原白秋の詩ですが、山本有三の『真実一路』に引用されています。

9月27日 櫛形山 雲海から漏れてくる街明かりがきれいでした。この雲海の下にある街の天気は曇りです。
d0229560_6411139.jpg

d0229560_6442739.jpg

d0229560_6474581.jpg

d0229560_6504915.jpg

d0229560_6524319.jpg

d0229560_20464482.jpg

28日 櫛形山 薄明のころから雲が被ってしまいましたが、頭の上まできれいに焼けました。
d0229560_217775.jpg
d0229560_21152160.jpg
d0229560_21175251.jpg
d0229560_21203653.jpg

d0229560_1613622.jpg

d0229560_21231296.jpg
d0229560_212516.jpg

d0229560_15273226.jpg

[PR]
by minorufuji2089 | 2016-09-28 20:38 | 最新富士山撮影 | Comments(1)
最新富士山の撮影記録
決して台風が来るのを喜んでいるのではありません。北海道や東北の被害にあわれた方には申し訳ありませんが、台風が来た後を喜ぶのは、サーフィンを楽しむサーファーと富士山カメラマンぐらいなものかもしれません。台風が去った後を富士山へ向かって国道134号線湘南海岸沿いを走っていると、沖の波間に黒い塊がうようよしています。繰り出したサーファーが波の来るのを待っているのです。それを横目で見ながら、今回も、11、12号の通り過ぎるのを待って、吉原へ向かいました。今年はこれで何度目になるでしょう。今回も期待にたがわず、ここ吉原には美しい爪痕を残してくれました。それを是非ご覧ください。決して台風が来るのを望んでいるわけではありません。

9月6日 吉原
d0229560_2126125.jpg

d0229560_21275433.jpg

d0229560_21305218.jpg

d0229560_21321984.jpg

9月9日 吉原
d0229560_2124687.jpg

d0229560_10261878.jpg

d0229560_11225863.jpg

d0229560_2135639.jpg

d0229560_11353920.jpg

d0229560_2143641.jpg

d0229560_21483494.jpg

d0229560_4515886.jpg

d0229560_4531790.jpg

d0229560_4545199.jpg

d0229560_5104321.jpg

[PR]
by minorufuji2089 | 2016-09-11 21:21 | 最新富士山撮影 | Comments(0)
最新富士山の撮影記録
迷走台風10号が,岩手県大船渡に上陸したとのニースを聞きながら、30日の午後、今年3度目の山伏へ向かいました。巷では、迷走する築地移転をどうするかTVで喧々諤々騒いでいます。やれ、狭くてマグロを切る包丁が使えないだの、海水が使えないだの、ろくに知識もない芸能人が勝手なことをしゃべっています。そこに築地の若大将と呼ばれる生田さんが,「横に切れない包丁は斜めに切ればいいんだ。衛生的な市場へ早く行きたい」というようなことを明快に言っていました。山伏山頂は、31日は他に5人と閑散としていましたが、さすが1日は20人近くが山頂を賑合わせました。今年はうるう年。30日31日がダイヤになり、しかも今年はずれて29日30日がダイヤ。この日集まったみなさんはそれを知らなかったのかもしれません。しかも31日1日は雲に隠れてしまいましたが、誰もいなくなった2日は、すっきりと姿を現し、きれいに焼けました。どこの撮影ポイントもダイヤになるとお祭り騒ぎになりますが、山頂で光るだけの近距離からのダイヤは写真として美しいと言えるのだろうか疑問に思っています。無理無理にダイヤの日を狙って撮影に行くよりも、その前後の朝焼けを狙った方が写真として美しいと思うのですがどうでしょう。誰もが自分の考えの渦に落ち込み、どこに上陸すれば迷走から抜け出られるのかともがいているのかもしれません。今年は、今年もかもしれませんが、すっきりした夏空の富士山をみないまま夏は終わりました。

8月31日 山伏
PENTAX k3Ⅱアストロレーサーで星を30秒追尾
d0229560_1937371.jpg
d0229560_1941547.jpg

予期しない月齢29の細い月がひょっこり姿を現す。富士に雲がかかっているのが残念。
d0229560_19435771.jpg

d0229560_19462011.jpg

ダイヤ時には雲がかかってしまいましたが、中央から少し右側から出ていました。
d0229560_19481757.jpg

9月1日
d0229560_20204637.jpg

d0229560_2043480.jpg

完全に頭が隠れてしまいました。
d0229560_2055144.jpg

9月2日
d0229560_2071469.jpg
d0229560_2095226.jpg
d0229560_20121856.jpg
d0229560_20143491.jpg
d0229560_20155999.jpg

[PR]
by minorufuji2089 | 2016-09-02 18:53 | 最新富士山撮影 | Comments(1)
最新富士山の撮影記録
友人から、「どこから見た富士山が好きか」と聞かれると、「山伏(やんぶし)」と答えることが多いです。山伏は、山頂手前まで登ると、一気に視界が広がり、裾までの雄大な富士が現れます。8月31日9月1日がダイヤとなるため、その前後に朝焼けになることが多くあります。さらに雲海や霧が流れてくることが多く、劇的な風景を見ることができます。それらを期待して毎年10回近く登り続けて20年になりますが、今だ満足な作品はできていません。ある時など、4日間登山口の駐車場に逗留しましたが、4日間とも雨で登れず、静岡まで下ると青空であったなどという惨めな思いもしました。迷走する台風を見ながら、晴れの予報を期待して,25日撮影に出ました。26日は、焼けはありませんでしたが、満天の星空を撮ることができました。27日は、雲があり美しい朝焼けになり、霧も流れました。28日は雨で撮影できず、帰宅するとすぐに昨日のNSNで朝焼けを調べると、撮っている人が見つかりません。もしかしたら、山伏だけから見えた景色なのかと思い、その幸運を喜びました。
追伸 さすが北岳からは見えていました。でも焼けはありません。山伏バンザイです。

8月26日 山伏
ペンタックスk3Ⅱアストロレーザーを使って,30秒星を追尾。月照で星ははっきり出ませんでした。
d0229560_1446034.jpg

比較明合成で60分 月照で富士ははっきり出ました。
d0229560_20132880.jpg

キャノンG3X比較明合成 月齢23の月が写りました。
d0229560_15363111.jpg

d0229560_1537642.jpg

d0229560_14495519.jpg

d0229560_9271836.jpg

雲海が滝になって流れ落ちていました。
d0229560_1451495.jpg
d0229560_14523520.jpg
d0229560_1454792.jpg

27日 山伏
月齢24日の月照で。
d0229560_14553676.jpg

d0229560_15562571.jpg

流れてきた霧に朝日が当たり、等伯松林図の景色がイメージできました。
d0229560_1559650.jpg
d0229560_1603769.jpg

d0229560_162828.jpg

d0229560_1635192.jpg

d0229560_9411249.jpg

[PR]
by minorufuji2089 | 2016-08-28 14:37 | 最新富士山撮影 | Comments(0)
最新富士山の撮影記録
子供の頃、勘違いして覚えている言葉があります。例えば、「台風一過」がそうで、「一過」を「一家」と勘違いして、台風に家族があるのだとおもったりしませんでしたか。ところが今度の台風は、まさに「一家」というほうがふさわしい台風でした。9号10号11号と、3人兄弟のようにして暴れまくりました。以前、ボクシングにいた亀田3兄弟を思い出し、まるで亀田一家台風のようで、その亀田の繰り出すジャブをかいくぐるようにして、9号が通り過ぎるのを待って、吉原に行きました。思うことはだれでも同じで、狭い撮影ポイントはすでにいっぱいで、何とかリングサイドに割り込み、撮影しました。

8月23日 吉原 月齢20の半月の月照で。
d0229560_11371231.jpg

ペンタックスk3Ⅱ比較明合成で60分。1時~2時。半月の月照で、星は明亮ではありませんが、前景や富士山がきれいに出ました。このあと雲に隠れました。
d0229560_11382390.jpg

キャノンG3X比較明合成60分
d0229560_11465358.jpg

d0229560_11395753.jpg
d0229560_11405767.jpg
d0229560_11414812.jpg

[PR]
by minorufuji2089 | 2016-08-23 11:42 | 最新富士山撮影 | Comments(0)
最新富士山の撮影記録
ゴールドラッシュという言葉があります。18日早朝、富士山が雲に隠れて見えないので、車でオリンピックのTVを見ていると、あれよあれよという間に3個の金メダルを取ってしまいました。それも終了直前の逆転、レスリングのルールを知らない私には、どうして逆転したのかわかりませんでしたが、嬉しいゴールドラッシュでした。富士山撮影も、1日で佳作を何枚も撮ることができる日もあれば、何日構えていても撮れない日もあります。16日の朝、まさかと思った朝焼けがあり、台風一過の焼けを狙って夜家を出ました。しかし焼けはなく、ピーカンのお花畑を撮りました。もう1日粘りましたが、だめでした。レスリング女子の逆転勝利は、最後まで切れないスタミナにあり、そのスタミナを付ける練習にあったそうです。それは写真撮影にも言えることですが、1日雨が降るとスタミナが切れてしまう私です。今回はヒマワリの黄色のメダルで我慢しました。

8月17日 山中湖
d0229560_11365294.jpg

花の都
d0229560_11385751.jpg
d0229560_11403226.jpg
d0229560_11415074.jpg

[PR]
by minorufuji2089 | 2016-08-19 11:27 | 最新富士山撮影 | Comments(2)
最新富士山の撮影記録
リオオリンピックが始まろうとしている4日夜、星の撮影をメインに家を出ました。今年はまだ太平洋高気圧が発達した夏型気圧配置が完全ではありません。始めに、山中湖へ人文字と天の川を撮りに行きましたが、湖畔は前回と同じように霧で富士山は見えず。今回は高座山へ行きました。次に、山伏へ行きました。オリンピックが始まると、それほど興味がない私でも、中継を聞いてしまいます。重量挙げ三宅選手の模様を聞いていると全身に力が入ってしまうのが不思議です。失格かと危惧された3度目にやっと持ち上げて銅メタルをとりました。思い出すのは東京オリンピックでの三宅選手の活躍ですが、それ以上にソ連のジャポチンスキーが世界一の力持ちになった瞬間が忘れられません。山伏は、1回目、2回目の撮影は雲に阻まれ撮影できませんでしたが、3回目にようやく雲が切れ、撮影できました。今回の私の撮影は、銅メタルぐらいはもらえるでしょうか。

8月5日 忍野村高座山 上空にも霧がかかりすっきりしませんでした。
d0229560_2054842.jpg

d0229560_2013830.jpg

d0229560_20444272.jpg

d0229560_20152181.jpg
d0229560_20191453.jpg

6日 山伏
d0229560_20235491.jpg
d0229560_2025940.jpg

8日 山伏
d0229560_2027363.jpg

ペンタックスK3で比較明合成で1時間。ペルセウス流星群が近づいているためか、流星を何個か見ましたが、そのうちの一つが映りました。
d0229560_20281464.jpg

キャノンG3Xで1時間
d0229560_20461682.jpg

朝焼けはありませんでした。
d0229560_20294027.jpg

[PR]
by minorufuji2089 | 2016-08-08 20:29 | 最新富士山撮影 | Comments(0)
最新富士山の撮影記録
都知事選が押し詰まった29日金曜日の夜、梅雨がようやく明けて晴れの予報が出たのを待ちかねて撮影に出ました。山中湖へ行くと、同じ思いのカメラマンであふれかえっていました。しかし、まだオホーツク海にある高気圧が強く、南には高気圧がないので、絶対的な夏の気圧配置にはなっていません。それでも、田貫湖までは何とか順調に撮れましたが、その勢いで8月1日、国師が岳を登ろうと大弛峠まで行きましたが、雨で登れずに帰宅しました。帰宅すると舛添という暗雲が取れ,新しい知事が誕生していました。私は都民ではありませんが、小池新都知事の就任会見を聞いていると、なるべき人がなったようです。このブログも20日ぶりに更新でき新しくなりました。富士山も、どんよりとした雲が取れて早く夏らしくなってほしいものです。

7月30日 山中湖パノラマ台 湖畔にいましたが霧で何も見えず、上ると、この雲海の中にいたのだとわかりました。
d0229560_11203383.jpg
d0229560_11213894.jpg

夕焼けはありませんでしたが、龍のような雲が現れました。
d0229560_11225133.jpg

31日 登山者の人文字と天の川を狙いましたが、薄い雲に邪魔されました。。
d0229560_1143198.jpg

まかいの牧場 深夜に素早く移動して昇月を待ちました。山上にスバルの星座がありました。
d0229560_11291015.jpg

3時20分 月齢26,5の下弦の三日月。地球照がきれいでした。
d0229560_85729.jpg

d0229560_11301853.jpg

d0229560_11315100.jpg

比較明合成で25分
d0229560_1154258.jpg

田貫湖 あわただしく移動
d0229560_1132955.jpg

富士山の後ろの後光のような光は、大気光学現象の薄明光線というそうです。
d0229560_11325662.jpg

[PR]
by minorufuji2089 | 2016-08-02 11:33 | 最新富士山撮影 | Comments(2)


by minorufuji2089
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ようやく撮れましたが、今..
by minorufuji2089 at 14:59
此の日は好晴天で富士山が..
by my-seki-hajime at 00:43
コメントありがとうござい..
by minorufuji2089 at 22:28
何時も訪問いただきありが..
by minorufuji2089 at 17:32
ご指示通りカテゴリーから..
by ruolin0401 at 17:23
ありがとうございます。
by minorufuji2089 at 17:21
いつもながらご活躍で素晴..
by ruolin0401 at 17:18
早速見ていただきありがと..
by minorufuji2089 at 22:20
素晴らしい傑作品を拝見さ..
by 相羽 at 20:48
この度もルビー富士山、花..
by jun111333 at 21:11
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
最新の記事
最新富士山の撮影記録
at 2017-06-18 21:28
最新富士山の撮影記録
at 2017-06-09 15:33
最新富士山の撮影記録
at 2017-05-31 20:37
最新富士山の撮影記録
at 2017-05-22 12:04
最新富士山の撮影記録
at 2017-05-12 11:57
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧