やすらぎの富士

富士山写真撮影の記録
<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
最新富士山の撮影記録
「真実一路」という言葉を知ったのは小学校も低学年の頃だと思います。予報官も迷っているのでしょう、天気の予報がくるくる変わります。ようやく晴れマークが出た23日夜、出ようとして見たら、またも予報が曇のち雨のマークに変わり、25日も26日も曇のマークへ変わりました。ところが、諦めて行かずにいると各地で晴れて撮れた情報を知り、歯ぎしりして悔しい思いをしました。でも、天気図を見ると前線の位置から焼けが期待できるので、26日、明日が曇りのマークでも出ようと思い、さてどこへ行こうか。国師はまだ紅葉は早い、吉原は雲海が期待できない、そうだこんな時は櫛形へ行こう。櫛形山の登山は1年ぶり。撮影ポイントが山道から奥へ入ったところにあるので心配しましたが、やはり迷って1時間も探し歩いてから、諦めて撮ったのが1枚目です。しばらくすると地元のMさんが来たので、あとをついて行きました。2日目、見事な雲海と、これ以上あるかと思わせる美しい朝焼けになりました。ここに来るまでの山道に迷い、この日までの行動に迷い、この年までの人生に迷い、迷いに迷って到達したこの時、ここに立っている今の自分に幸せを感じ、シャッターを押すのを忘れて眺めていました。そんな時、なぜか不思議と「真実一路」の言葉が聞こえてくるのです。

「真実一路の旅なれど、真実鈴ふり、思い出す」これは北原白秋の詩ですが、山本有三の『真実一路』に引用されています。

9月27日 櫛形山 雲海から漏れてくる街明かりがきれいでした。この雲海の下にある街の天気は曇りです。
d0229560_6411139.jpg

d0229560_6442739.jpg

d0229560_6474581.jpg

d0229560_6504915.jpg

d0229560_6524319.jpg

d0229560_20464482.jpg

28日 櫛形山 薄明のころから雲が被ってしまいましたが、頭の上まできれいに焼けました。
d0229560_217775.jpg
d0229560_21152160.jpg
d0229560_21175251.jpg
d0229560_21203653.jpg

d0229560_1613622.jpg

d0229560_21231296.jpg
d0229560_212516.jpg

d0229560_15273226.jpg

[PR]
by minorufuji2089 | 2016-09-28 20:38 | 最新富士山撮影 | Comments(1)
最新富士山の撮影記録
決して台風が来るのを喜んでいるのではありません。北海道や東北の被害にあわれた方には申し訳ありませんが、台風が来た後を喜ぶのは、サーフィンを楽しむサーファーと富士山カメラマンぐらいなものかもしれません。台風が去った後を富士山へ向かって国道134号線湘南海岸沿いを走っていると、沖の波間に黒い塊がうようよしています。繰り出したサーファーが波の来るのを待っているのです。それを横目で見ながら、今回も、11、12号の通り過ぎるのを待って、吉原へ向かいました。今年はこれで何度目になるでしょう。今回も期待にたがわず、ここ吉原には美しい爪痕を残してくれました。それを是非ご覧ください。決して台風が来るのを望んでいるわけではありません。

9月6日 吉原
d0229560_2126125.jpg

d0229560_21275433.jpg

d0229560_21305218.jpg

d0229560_21321984.jpg

9月9日 吉原
d0229560_2124687.jpg

d0229560_10261878.jpg

d0229560_11225863.jpg

d0229560_2135639.jpg

d0229560_11353920.jpg

d0229560_2143641.jpg

d0229560_21483494.jpg

d0229560_4515886.jpg

d0229560_4531790.jpg

d0229560_4545199.jpg

d0229560_5104321.jpg

[PR]
by minorufuji2089 | 2016-09-11 21:21 | 最新富士山撮影 | Comments(0)
最新富士山の撮影記録
迷走台風10号が,岩手県大船渡に上陸したとのニースを聞きながら、30日の午後、今年3度目の山伏へ向かいました。巷では、迷走する築地移転をどうするかTVで喧々諤々騒いでいます。やれ、狭くてマグロを切る包丁が使えないだの、海水が使えないだの、ろくに知識もない芸能人が勝手なことをしゃべっています。そこに築地の若大将と呼ばれる生田さんが,「横に切れない包丁は斜めに切ればいいんだ。衛生的な市場へ早く行きたい」というようなことを明快に言っていました。山伏山頂は、31日は他に5人と閑散としていましたが、さすが1日は20人近くが山頂を賑合わせました。今年はうるう年。30日31日がダイヤになり、しかも今年はずれて29日30日がダイヤ。この日集まったみなさんはそれを知らなかったのかもしれません。しかも31日1日は雲に隠れてしまいましたが、誰もいなくなった2日は、すっきりと姿を現し、きれいに焼けました。どこの撮影ポイントもダイヤになるとお祭り騒ぎになりますが、山頂で光るだけの近距離からのダイヤは写真として美しいと言えるのだろうか疑問に思っています。無理無理にダイヤの日を狙って撮影に行くよりも、その前後の朝焼けを狙った方が写真として美しいと思うのですがどうでしょう。誰もが自分の考えの渦に落ち込み、どこに上陸すれば迷走から抜け出られるのかともがいているのかもしれません。今年は、今年もかもしれませんが、すっきりした夏空の富士山をみないまま夏は終わりました。

8月31日 山伏
PENTAX k3Ⅱアストロレーサーで星を30秒追尾
d0229560_1937371.jpg
d0229560_1941547.jpg

予期しない月齢29の細い月がひょっこり姿を現す。富士に雲がかかっているのが残念。
d0229560_19435771.jpg

d0229560_19462011.jpg

ダイヤ時には雲がかかってしまいましたが、中央から少し右側から出ていました。
d0229560_19481757.jpg

9月1日
d0229560_20204637.jpg

d0229560_2043480.jpg

完全に頭が隠れてしまいました。
d0229560_2055144.jpg

9月2日
d0229560_2071469.jpg
d0229560_2095226.jpg
d0229560_20121856.jpg
d0229560_20143491.jpg
d0229560_20155999.jpg

[PR]
by minorufuji2089 | 2016-09-02 18:53 | 最新富士山撮影 | Comments(1)


by minorufuji2089
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
生涯最上の記念日。この日..
by minorufuji2089 at 21:51
驚きました。 富士山以..
by jun111333 at 21:00
遠方よりご来場ありがとう..
by minorufuji2089 at 09:33
ありがとうございます。相..
by minorufuji2089 at 10:21
作品展おめでとうございま..
by jun111333 at 18:36
コメントありがとうござい..
by minorufuji2089 at 12:12
今晩は。稲穂と青空のロケ..
by ruolin0401 at 21:19
ようやく撮れましたが、今..
by minorufuji2089 at 14:59
此の日は好晴天で富士山が..
by my-seki-hajime at 00:43
コメントありがとうござい..
by minorufuji2089 at 22:28
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
最新の記事
最新富士山の撮影記録
at 2017-11-22 11:00
最新富士山の撮影記録
at 2017-11-14 10:30
やすらぎの富士秀作集
at 2017-11-03 10:14
最新富士山の撮影記録
at 2017-11-01 10:18
最新富士山の撮影記録
at 2017-10-28 12:26
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧