やすらぎの富士

富士山写真撮影の記録
カテゴリ:最新富士山撮影( 217 )
最新富士山の撮影記録
途中です
20日午後、久しぶりに撮影に出ました。10月は行事が多く、行ける日と天気がうまく合わず、その間にたっぷりと雪が降り、夏から秋を飛び越えて冬の富士山になっていました。長い間通行止めだった安倍峠への林道が開通していましたが、紅葉は遅れていてまだでした。翌日櫛形山へ行く予定が、崖崩れで通行止め。13夜の月の出が撮れる富士ケ嶺へ、コキアが色付いた大石公園へ行きました。翌日は、14夜の月を撮りに再度富士ケ嶺へ、その後チカラシバを撮りに猪之頭へ行くも、枯れているので再度大石公園にへと走り回りました。富士吉田で少し給油すると、162円なのには驚きました。これは、サウジアラビアの王子が、自国に批判的なジャーナリストを殺害した疑いの影響なのでしょうか。この問題で、いま世界が大きく揺れています。同じ1人の人間の死でも、日本の安部首相の不始末の尻拭いに追い詰められて自死しても、安倍首相は微動だにせず世界を駆け回っています。これこそ安部首相が唱える「美しい国 日本」なのでしょう。また、出かける前に話題になっていたのは、沢田研二が満員にならないからとコンサートの開催を中止にしたことです。久しぶりにニュースで見たジュリーは太り、ひげもじゃの顔は全く別人でした。それでもアーチスト魂は健在で、プライドの高さには驚きました。「ジュリー。ジュリー」と叫んでいた木希林は亡くなりましたが、それでこそジュリーだと思いました。それに引き換え私などは、用事がある、曇って見えないかもしれないなど理由をつけて撮影に出ない、なんと意志薄弱であることでしょう。少しでも富士山の写真を撮っているというプライドを持ち頑張らねばならないと思いました。帰路で、前回144円が今回は150円で入れました。安い時の撮影にかかるガソリン代は4000円前後でしたが、今回は5000円を超えました。これ以上高くなると撮影に出ない言い訳がまた1つ増えてしまいます。

10月28日 安倍峠 沈む前の月照で。紅葉はまだまだ先でした。
d0229560_15551892.jpg
d0229560_20564889.jpg
d0229560_19300479.jpg
本栖湖 富士山はもう冬姿。
d0229560_19332439.jpg
富士ケ嶺 13夜の月の出
d0229560_19360700.jpg
d0229560_19373786.jpg
29日 大石公園 コキヤが赤く色付きました。13夜の月照で。
d0229560_19405449.jpg
d0229560_19423985.jpg
気温2℃。厳しい冷えで霧が発生して富士山は隠れてしまいました。
d0229560_19441988.jpg
精進湖 移動の途中で秋日和を発見。
d0229560_19464790.jpg
d0229560_19491786.jpg
富士ケ嶺 自分で調べておかなかったため、右へ落ちてしまいました。太陽は雲に隠れて焼けはなし。
d0229560_19514647.jpg
大石公園 再度月照で。
d0229560_19530345.jpg
d0229560_19540365.jpg
d0229560_19560804.jpg
d0229560_19572546.jpg


[PR]
by minorufuji2089 | 2018-10-23 21:39 | 最新富士山撮影 | Comments(0)
最新富士山の撮影記録
スバル360が登場、右のカテゴリから「続・廃車のある風景」をクリックしてご覧ください。


いつもは外れることの多い予報がぴたり当たって、3時に目覚めると富士山はすっきり姿を現していました。前日の予報で29日午前3時だけに晴マークが付いていたのを期待して田貫湖に移動しました。しかも4時を過ぎるとまた雲に隠れてしましました。台風が来る前の28日だけ一日晴マークなのを信じて27日午後、国師ケ岳へ撮影に出ました。28日午前3時に山頂に着くと、5人の先客で撮影場所はいっぱい。後からも来る人もいて、私の後ろで撮る人がいるほどの混雑でした。体感マイナス5℃、猛烈に寒いですが、すっきりとした夜明けを迎え、紅葉した奥千丈岳に赤い朝日が差しました。夜が明けて顔が見えると、周りはみんな知った顔ばかりでした。駐車場で皆さんと別れて、明日も登る予定でいると、大弛山荘の方に台風接近のため「明日朝、役所がゲートを閉める」とのことで、仕方なく田貫湖へ移動しました。この夏は、暑さも酷かったですが、台風や集中豪雨での最悪の被害が西日本を中心に多く出ました。さらにひどい出来事が、スポーツ界におけるパワハラ告発でした。女子レスリングから始まり、アメリカンフットボール、ボクシング、体操、そして水泳にまで、多くの問題が表面化しました。そして貴乃花の大相撲まで確執が再燃されました。どれも共通するのは絶対的に権力を持つ人が、自分の思い通りに選手を動かそうとしたところにパワハラが発生したことです。同じ事が絶対的権力を掌中にした安倍政権にも言えます。「もり・かけ」問題を隠ぺいして三選され、後3年も首相の座に着きます。国民の多くはうんざりしているというのに。こんなトップをいだく国では、スポーツ界のパワハラ問題もすっきりした解決などできるはずはありません。田貫湖での撮影をあきらめ6時に朝食を食べていると、予報通り雨が降ってきました。まちがいなく襲ってくる台風24号に追い立てられるように帰路に着きました。超大型台風とのことなので、被害が出ないことを願うばかりです。

9月28日 国師ケ岳
d0229560_13181936.jpg
d0229560_13255941.jpg
朝日が奥千丈に差して、赤く染まりだす。
d0229560_13212932.jpg
d0229560_13273254.jpg
d0229560_13212932.jpg
29日 田貫湖 午前3時30分嵐の前の静かな夜明け前。この後富士山は雲に隠れる。
d0229560_13324997.jpg



[PR]
by minorufuji2089 | 2018-09-29 15:34 | 最新富士山撮影 | Comments(0)
最新富士山の撮影記録
「長く生きるということは、多く死者をおくることだ」といった方がいましたが、今回も女優樹木希林の75歳という早すぎる訃報を聞きながらの撮影でした。ファンの多い個性的な女優でしたので、さぞかし驚きと落胆された方も多くいたことでしょう。テレビドラマを全く見ないので語る資格はありませんが、私には、演技と生き方が美しいと思える人でした。忘れられないのが、2年前撮影していた深夜に聞いた本木雅弘との共演ラジオドラマです。それは、広島原爆の日ラジオ特集「あの日、母は少女だった」で、被爆した母樹木希林が息子本木雅弘に初めて被爆体験を話すドラマでした。語ることができない出来事を背負ったまま生きた戦後、映像のないドラマであるからこそ深い悲しみや苦しみが伝わってきました。そんな出来事があった16日夜出て、今回も美しい朝のドラマを期待して櫛形山に登りました。すると、月明かりが無い星空と街明かりに染まった雲海の美しい景色が広がっていました。やがて、明るくなるに従い、形の良い雲が流れてきて、「一焼け」が始まり、流れてきた雲がとてもきれいな朱色に染まりました。明るさが増して「二焼け」が始まると、今度はその雲が金色に染まり、真っ赤な太陽が昇り出しました。まるで輝ける人生を送ることができた人のドラマのような朝焼けでもありました。しかし、もしこれが人生ならば、美しくもなんと儚い一生でありましょう。次は自分がおくられる番かもしれない事を覚悟して、一期一会の撮影を大切にしたいと思いました。

9月17日 櫛形山 眼下の雲海と街明かり、煌めく星座、美しすぎるドラマは深夜から始まっていた。PXk1装備アストロトレーサーで30秒間星を追尾。
d0229560_16002531.jpg
d0229560_16025457.jpg
夜明けを迎える宇宙に、偶然にもISSが富士に向かって流れて行く。
d0229560_16080189.jpg
流れてきた雲が赤く染まり「一焼け」のドラマが始まる。
d0229560_16145649.jpg
d0229560_16181032.jpg
美しすぎるヒロインの様に雲は輝き。朝焼けのドラマはクライマックスに達した。
d0229560_16194242.jpg
「二焼け」が始まると、雲が金色に染まりだす。
d0229560_16214349.jpg
日の出、それは始まりでもあるが朝焼けの終わりでもある。
d0229560_16402761.jpg
d0229560_16233379.jpg
d0229560_16340188.jpg
あまりにも儚く、美しい朝焼けのドラマは終わった。
d0229560_16352179.jpg
18日 須走五合目
d0229560_16413435.jpg
19日 須走草紅葉 湧き上がる雲に終始山頂は隠れていた。
d0229560_16373826.jpg



[PR]
by minorufuji2089 | 2018-09-19 16:28 | 最新富士山撮影 | Comments(0)
最新富士山の撮影記録
ジープ登場。右のカテゴリから「続・廃車のある風景」をクリックしてご覧ください


「こんな色の朝焼け、見たことある?」隣の人の会話が聞こえてきました。魚の骨のような、洗濯板のような形の雲が、オレンジ色のようなサーモンピンク色に色づき、いつもより長く続きました。富士山写真家オイさんも「いつもとは違う奇妙な雰囲気がありました」とSNSに書いていました。だいぶ以前、「地震雲」を訴える人がいて、世間を騒がせたことがありました。今朝の焼けがその特徴に似ている不安を感じながら撮影を終えました。あり得ないと思いつつも台風一過の朝焼けを期待して、5日の夜撮影に出ました。午前2時に下弦の月の昇るシーンを撮って、仮眠をしてから朝焼けを撮りました。いつも通りの「一焼け」の後、いったん焼けはおさまり「二焼け」が始まりました。イライラするほど、今日は焼けないと思わせるほどジワジワと色づきが始まり、まだ終わらない、早く終われよと思わせるほど続きました。終わるのを待ちきれずに撮影をやめて車に戻ると、福井県から来るM嬢に会いました。台風は日本海に抜けたのに、来ているのに驚きました。朝食後、車のエンジンをかけると聞こえてきたラジオが北海道の地震を伝えてきました。阪神に始まり、東北、熊本、そして北海道。空白は東海、徐々に近づき、次はわが身かもしれない不安を覚えつつ帰宅しました。「地震雲」は、何ら科学的根拠がないということから、その後忘れ去られたようです。今回の焼けは、台風一過の焼けなのでしょうが、不思議な朝焼けでした。


9月6日 田貫湖 薄雲に身を隠した下弦の月が、湖面に写るわが身を見て恥ずかしげに輝いた。
d0229560_09223859.jpg
d0229560_09253765.jpg
月は、はるか上空に姿を消していった。
d0229560_09273161.jpg
一焼け、紅の燃えるがごとく雲が色づいた。
d0229560_09271641.jpg

二焼けが始まる。サーモンピンクに色づいた洗濯板状の雲が動くこともなく留まる様子は、遠い記憶の不安を呼び覚ました。
d0229560_09312116.jpg
d0229560_09333568.jpg
褪めそうでなかなか褪めない雲の焼けは、すでに北海道で起きた地震の災害を伝えていたのかもしれない。
d0229560_09344626.jpg

[PR]
by minorufuji2089 | 2018-09-07 11:02 | 最新富士山撮影 | Comments(0)
最新富士山の撮影記録
「生きることに勇気を与えてくれました」『ちびまる子ちゃん』の作者さくらももこさんの突然の訃報に驚き、ニュースでそれを知った人の感想をラジオで聞きながら28日午後撮影に出ました。だから選んだわけではありませんが、さくらさん出身の清水区にある山伏(やんぶし)に行きました。もう20年以上毎年欠かさず通う山伏からのダイヤモンド富士であり、私に山から撮る楽しさを教えてくれた山でした。29、30、31日の3日間、幸いに好天となり、それぞれ違った朝焼けとダイヤを撮ることができました。今年は下弦の月が明るく、星は撮れませんでしたが、月照の雲と山影がきれいでした。以前は20人30人と多くの撮影者で賑わうので、撮影場所に困るほどでしが、今年の29日は静岡のいつものKさんOさん,30日は別のKさん、31日は静岡のベテラン3名に若い方(といっても40代前後の方)3名が来ました。どうして少ないのか疑問を話すと、「みんな歳をとったので登れなくなったのではないか」とのこと。ほかにも前の木が伸びて邪魔に思うのか、若い方が登るのを厭うようになったからなのか、山伏からのダイヤモンド富士が人気を失ってきているように思います。帰宅途中に聞いたラジオ「ラジオ子ども質問箱」で、小学1年生が「人はどうして生まれて死んでいくのですか」と、さくらももこさんの死の影響からの質問なのでしょうか、それとも誰でも通過する生きる者としての疑問を早くも持ったのでしょうか。富士は不死であるともいいます。眺めることで人に生きる勇気を与えている富士は、移ろい行く人の輪廻転生を眺め続けているのかもしれません。

8月29日 山伏 午前3時月照で。
d0229560_09461286.jpg
d0229560_09475656.jpg
d0229560_09485258.jpg
d0229560_09510826.jpg
太陽は左肩から出て、少し離れて山上で輝きました。
d0229560_22443703.jpg
d0229560_09544064.jpg
d0229560_18361036.jpg
30日
d0229560_09575677.jpg
d0229560_10000938.jpg
d0229560_10023913.jpg
d0229560_10044328.jpg
山頂中央に載って輝きました。
d0229560_10072360.jpg
下山途中で、雲が山上に来て、彩雲らしくなりました。
d0229560_10103682.jpg
31日
d0229560_10132268.jpg
d0229560_10191160.jpg
d0229560_10212522.jpg
d0229560_10231351.jpg
d0229560_09412266.jpg
山頂中央から出て、右肩に出て輝きました。
d0229560_10311735.jpg
帰宅途中のバイパス路肩に止まって、吊るし雲を撮りました。
d0229560_10323372.jpg


[PR]
by minorufuji2089 | 2018-09-01 22:59 | 最新富士山撮影 | Comments(0)
最新富士山の撮影記録
この夏珍しく朝からすっきりと晴れた青空で、めったに見えることのない三浦半島から一日富士山が見えていました。

8月22日 三浦市長井漁港 光が強く気づいた時には右に落ちてしまいました。
d0229560_20533376.jpg
d0229560_20551309.jpg
d0229560_20585949.jpg

[PR]
by minorufuji2089 | 2018-08-22 21:07 | 最新富士山撮影 | Comments(0)
最新富士山の撮影記録
スズキ・ジムニー 初代登場。「続・廃車の風景」をご覧ください。



寒い。となりのKさんの吐く息が白い。昨日も寒くて気温14℃、今朝は10℃、でも体感は5℃以下、あるものを全部まとって撮影を始めました。しばらく晴天の予報に、8月17日の夜撮影に出ました,2歳児を救出した尾畠さんの英雄的行動をラジオで聞きながら。シベリアからの高気圧が張り出して、昼間30℃から一気に気温が下がったからでしょう、川霧「けあらし」が発生しました。冬場の精進湖でよくみられる現象で、真夏にこんなに激しく現れるのは異常です。そしてきれいな赤富士。同じ現象が2日も続きました。よしきちゃん捜索は、県警と消防150人態勢であたったそうです。休日に呼び出された人もあったかもしれません、形式的に大勢で捜索するより、大分県より駆けつけて捜索する意欲を持った一人にはかなわないことがあるものです。富田林警察署からの逃亡犯も、尾畠さんが行けばすぐに解決するかも知れません。今年の夏の暑さは6月と早く始まりました。赤富士や劇焼けを期待して、天気を読みながら何度も撮影に出ましたが、空振りばかり。ようやく、ホームランとは言いませんがヒットすることができ、尾畠さんには遠く及びませんが、達成感を得られました。いくら意欲を持っても富士山はなかなか撮らせてくれません。この寒さで、秋も早く始まりるかも知れません。

8月18日 山中湖 天の川を狙いましたが、雲に隠されてしまいました。
d0229560_09575601.jpg
激しい「けあらし」が発生し、富士が赤く染まりました。
d0229560_09595413.jpg
d0229560_10013785.jpg
d0229560_10031123.jpg
花の都 3度目のヒャクニチソウ。
d0229560_10201350.jpg

d0229560_10045409.jpg

19日 山中湖 雲がなくなりました。
d0229560_10084163.jpg

d0229560_10111878.jpg
左明るい星は火星です。
d0229560_10132753.jpg
気温10℃、昨日より激しいけあらし。
d0229560_10151219.jpg
d0229560_10271303.jpg
d0229560_10245167.jpg
田貫湖 夕方、山頂が赤く染まりました。
d0229560_10291259.jpg
20日 雲が多く焼けもなく、かろうじてダイヤ時に姿を現しました。
d0229560_09513060.jpg



[PR]
by minorufuji2089 | 2018-08-21 12:04 | 最新富士山撮影 | Comments(0)
最新富士山の撮影記録
富士山 この夏の思い出


三浦半島 長井からのダイヤモンド富士
d0229560_20260496.jpg
d0229560_18340165.jpg
異常気象の暑さで、富士山も雲隠れで姿が見えない日が多いです。それでも富士山と花火の最高のポジションを得るため朝から場所取り。富士山をバックに河口湖の打ち上げ花火を撮ることができました。

d0229560_18592813.jpg
初夏、田植えが終わった田んぼの横を流れる小川に、蛍が乱舞しました。

[PR]
by minorufuji2089 | 2018-08-08 18:39 | 最新富士山撮影 | Comments(0)
最新富士山の撮影記録


江の島を過ぎたら、突然渋滞が始まりました。そういえばラジオの渋滞情報で「鎌倉が」と言っていました。同じく「クジラが打ち上げられた」とも言っていました。10分で通過するところを1時間以上走ると、人垣が見えました。ここらしいので車の中から背伸びをしましたが見えませんでした。そこを過ぎると渋滞は解消しましたが、反対車線の渋滞が始まりました。誰でも珍しいものは見たがるものなのですね。8月5日は河口湖の花火大会。4日の夜出て、朝から場所取りをして備えましたが、富士山がはっきり見えません。打ち上げ花火はとてもきれいでしたが、この場所と夏花火は初めての撮影のため、うまくフレームに収めることができませんでした。麓で見えなければ高い山からと、櫛形山へ行きましたが、何とか見える程度でしかありませんでした。撮影に出る前まで、見たくないものばかりを見る毎日でした。少し前は女子レスリングの栄コーチ、次がアメリカンフットボールの日大関係者。そして最後に登場したのがボクシング連盟山根会長、これはもうヤクザの親分,あまりテレビに出てきてほしくない人ですが、連日出てきています。こんな人たちのもとで活動している選手の皆さんがかわいそうです。この上の大物が現れないことを願っていますが。今年の異常な暑さで、見たいはずの富士山は、雲の中からなかなか出てきもらえそうもありません。先日の皆既月食も撮れませんでした。13日のペルセウス流星群も撮れなくなります。これでは富士山カメラマンは死んだも同然。死体が打ち上げられる前に、涼しい秋が 早く来ることを願うばかりです。

8月4日 河口湖 夕暮れの富士を撮ってそれに花火を重ねた多重撮影。花火の位置と大きさが掴めず、はみ出してしまいました。
d0229560_09331492.jpg
d0229560_09322763.jpg
6日櫛形山池の茶屋 何とか富士を撮ることができました。
d0229560_09350929.jpg
d0229560_09361551.jpg
d0229560_09375802.jpg
d0229560_14121801.jpg

[PR]
by minorufuji2089 | 2018-08-07 10:59 | 最新富士山撮影 | Comments(0)
最新富士山の撮影記録
マッカーサーが乗ったかもしれない、戦前の高級車ビック登場、右のカテゴリから「続廃車のある風景」をご覧ください。


台風一過の朝、劇焼けするという都市伝説はいつ頃生まれたのでしょうか。先日のTV「アド街ック天国」御殿場特集の中で、在住の富士山写真家が撮った朝焼けに、スタジオのタレントが驚きの声をあげました。それは20年以上前の台風一過の劇焼けの写真でした。実は、その一過の朝は快晴で、その翌日に劇焼けしたのです。運よく私も撮っていますが、すでにお蔵入り、今頃TV映像で使われつことに驚きました。ということは、それ以来台風一過の劇焼けはないということです。それなのに信じることで救われようと富士山カメラマンは、台風一過の翌朝大挙して富士山の周辺に集まります。28日未明、迷走台風12号は東海地方に上陸し関西方面に逆走したので、午後から晴れ間も出ました。焼けることはないとわかっていても、このチャンスを逃がすまいと撮影に出るのは富士山カメラマンの性(さが)なのでしょうか、私も夜になって撮影に出ました。雲があれば劇焼けを狙って西側の田貫湖、雲がなければ赤富士を狙って東側の山中湖を考え、山中湖で雲がなく雲海が出たのでパノラマ台へ行くと、駐車場はすでに満車でした。31日は焼けを期待して田貫湖へ移動しましたが、ほんの少し色づいただけでしたが、それでも20人ほどのカメラマンがいました。1日はもう一度田貫湖に期待しましたが、雲がないので深夜忍野村の高座山へ行き、雲海を撮りました。田貫湖で隣に駐車した同年輩の釣り人と自嘲気味に話をしました。「1本しか使わないのに何本も竿を用意し(ヘラブナ用の竿は安くて10万20万はします)、釣ったヘラブナはすぐに逃がすと、見ていた人が、ナンデー、と驚く」カメラマンも同じで「使いもしないカメラとレンズを何台何本も高い金で買わされ、撮れもしないのに遠くからやってくる」食べない魚を釣る人と撮れない写真を撮りに来る人、"病膏肓に入る"とはまさにこのことで、バカは死んでも治らないと笑いあいました。

7月30日 山中湖パノラマ台
d0229560_15345861.jpg

花の都 2度目のヒャクニチソウ
d0229560_15553386.jpg
31日 田貫湖 ほんの少し赤くなりました。
d0229560_15405232.jpg
8月1日 未明月照で。
d0229560_15431923.jpg
高座山
d0229560_15470006.jpg
火星が最接近して明るく見えました。
d0229560_15482904.jpg
d0229560_15494235.jpg
花の都 ヒマワリが咲き出しました。
d0229560_15522029.jpg

[PR]
by minorufuji2089 | 2018-08-01 17:13 | 最新富士山撮影 | Comments(2)


by minorufuji2089
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by minorufuji2089 at 14:06
やすらぎの富士山さんは8..
by ayukiti2002 at 19:28
返信ありがとうございます..
by minorufuji2089 at 21:13
富士への散歩道です お..
by ruolin0401 at 17:30
冬には冬の、春には春の美..
by minorufuji2089 at 08:39
長い冬に終わりを告げ、春..
by jun111333 at 21:50
立石でチラッと見かけまし..
by minorufuji2089 at 16:03
3/2立石公園はパール富..
by my-seki-hajime at 18:41
コメントありがとおござい..
by minorufuji2089 at 08:55
素晴らしい夕焼け関宿城富..
by jun111333 at 23:38
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
最新の記事
最新富士山の撮影記録
at 2018-10-23 21:39
最新富士山の撮影記録
at 2018-09-29 15:34
最新富士山の撮影記録
at 2018-09-19 16:28
最新富士山の撮影記録
at 2018-09-07 11:02
最新富士山の撮影記録
at 2018-09-01 22:59
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧